top of page

思い出は、いつの時代も死ぬほど美化されるよねって話20210728

更新日:2021年8月5日

昔の記憶というものは、何故こんなに美化されてしまうんだろうか。

ふとそんな事を考える。

自分もそんな事をしみじみ考える様な年齢になってきているのかなと思ったけど、年齢の問題ではない気がする。

思い出せば、高校に進学してすぐの事。

学校、クラスに全く馴染めず、高校一年生の初めの頃は、お弁当を自分の席に座ったまま、ただただ目の前だけを見つめて食事をしている時期があった。

学校終わり、別々の高校に進学した中学時代の同級生と集まっては、中学時代の話をして盛り上がっていた。

そして決まって「中学時代に戻りたい」と誰かが口にする。


時が過ぎて、高校を卒業し、それぞれ進学や就職と、自分の決めた進路に進む頃。

今度は高校時代の同級生と集まり、高校時代の思い出話に花を咲かせる。

そしてやはりお決まりのセリフ「高校時代に戻りたい」


きっと年齢や時代なんて関係なく、思い出は美化されるようにできているんだと思う。

確かどっかで化学的に証明されてるって記事を見たことがある気がする。

忘れたけど。


今もまさに絶賛思い出を美化しまくって生きている訳だけども、美化されてしまう事を踏まえて、冷静に過去のことを振り返ってみると、意外と日常に不満だらけだったことも思い出す。

一年間ほぼ毎日一緒に過ごすクラスの中で、ハブられないよう、嫌われないよう生活するのなんて中々のプレッシャーだったし、宿題やテスト勉強のことを考えるだけで陰鬱な気持ちになれた。学校終わりのバイトなんて、疲労と眠気で地獄そのものだったし、いじられキャラを通り越して、これはいじめなんじゃないか?と思ってしまうような時期もあった。

うん。やっぱりそんな良くなかったかも。

でもそう思うと、思い出美化現象は本当に厄介すぎるシステムだと思う。

いじられを通り越していじめなんじゃないかと思っていた時期まで美化されてしまう訳だからね。恐ろしすぎる。


だけど、この現象から学べることってたくさんあると思う。

どんな時期だって、とてつもなく悲しいことや辛いこと、それと比べると少ないかもしれないけれど、楽しいことや嬉しいことも日々の中にあるんだと思う。

ネガティブな感情は、味が濃いけど消化は早め。

「今」という時間を生きていると、どうしても濃い味の「辛い」や「悲しい」に意識が持っていかれてしまう。

ポジティブな感情は、薄味だけど腹持ち良し。

「辛い」や「悲しい」の味が濃過ぎて、今この瞬間に「嬉しい」や「楽しい」に気付くのは中々難しいけれど、「あの頃」を思い返すと、いつも残っているのはポジティブな感情だったりする。


きっと僕は今この瞬間にも、将来思い返した時に、「あの頃に戻りたい」と思うようなポジティブな要素で溢れているんだと思う。

それはもう将来の自分には手がつけられないほどに。

使い古された言葉で、「今日の自分は、これからの人生で最も若い自分だ」なんて言葉があったりするけど、全くもってその通りだなと思う。

過去に戻ることはできないけれど、将来のことを想像して、今日より歳を重ねた自分を想像して、そして今の自分を俯瞰することはできる。


きっと今の自分は、自分で思っている何倍も、「嬉しい」や「楽しい」に満ち溢れているんだろうな。

「今」を大切に、丁寧に、何よりも楽しんで。

それが、理想の未来に繋がっていくのであれば、それはもうこれ以上に無く、幸せな人生だと言えると思う。

「今」にちゃんと目を向けて、たまに「あの頃」を思い出してセンチメンタルになりながら、大好きな音楽を続けていけたらいいなー。


閲覧数:84回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何かの本で見たのか、直接聞いた話だったか忘れたけど、「負け癖をつけちゃ駄目だよ」みたいな言葉に触れた記憶がある。 その時多分ピンと来なかったんだろうけど、今もその言葉には全く心が動かない。 それは多分、もうすでに自分には負け癖がついているからだろう。 生まれてこの方、勝ちの数より負けの数が圧倒的に多く、どこかで自分はそういう人間なんだと折り合いを付けたのかもしれない。 小学生の頃、自分は短距離走が

昔から、自分は人の影響を受けすぎる傾向がある。 家族、親戚、友達や有名人、その他もろもろ。 とにかくあらゆる影響を受けに受けまくる。 兄が身体を鍛え始めたら、自分も同じ時期に身体を鍛え始め、 叔父に車の話を聞けば車に夢中になり、 妹が話していた少女漫画を読み漁り、 友達の影響で楽器を始めた。 なんにでも興味があるし、なんでもやってみたくなる。 臆病でビビリな癖に、好奇心だけは人一倍あるんだろう。

ふと、何でこんな思いをしてまで音楽を続けるのか、まじめに考えてみたことがある。 きっかけは中学時代のBUMP OF CHICKENとの出会いなんだけど、その初期衝動が消えることなく、今の自分を突き動かすまでの言動力はいったいなんなのだろうか。 答えはきっと単純で、 誰よりも音楽の内側に立っていたいんだと思う。 きっとライブに足を運んだことがある人ならば、誰もが経験したことがあるだろうけど、ライブっ

bottom of page